こまつ模型

趣味で模型を製作しているこまつのブログです。フィギュア、プラモ製作日記などを掲載しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

展示会終了

遅くなりましたが展示会が終了しました。終わると風邪を引く毎回のお約束も。
今回出展させて頂きました作品は下記6点です。

*写真はなにじゅうさんよりご提供頂きました。
 私のスマホ写真はレンズが傷だらけでまともな写真じゃなかったので。。。
 後日ギャラリー用に撮影します。

静岡ホビーショーにはUボートを持っていく(持っていって頂く)予定です。
Sボートと瑞鶴も出したいんだけど・・・。運搬に難ありですかね。

Uボート IXC/40型 U-1224/呂501
IMG_8857

Sボート 第8郡所属艦 S-93
IMG_8849

T-35プラウダ高校仕様
IMG_8719

初音ミクヴィンテージドレスVer. 
IMG_8796

瑞鶴
IMG_8799

秋月
IMG_8801




続きを読む

1/35 III号戦車 N型 ヴィンターケッテ仕様【タミヤ】

ドイツ国防軍が訓練用のI号戦車を造ったのち、きたるべき戦車戦術を考慮した主力戦車とすべく製造した中戦車である。

訓練用の戦車による演習やスペイン内戦(1936年7月 - 1939年3月)での実戦によってもたらされた戦訓により、現代戦車の基礎を形作るさまざまな新基軸と先進的な技術が投入された。新しい技術を採用して設計されたIII号が主力を務め、既に確立された技術のみで設計されたIV号戦車がIII号などの主力の支援を務めるという運用構想であった。1934年、陸軍はこの構想に基づいて戦車を開発することができる会社に重量15トン程度で設計にいくつかの条件を示した戦車を発注した。

15トン程度というのは当時の欧州における輸送の限界を考慮したものであり、陸軍としては20トン未満の中戦車を目指して設計されたが、最終的には20トンを超え、20トン前半の中戦車として完成した。20トン級の中戦車のなかではバランスのとれた戦車であり、製造当時の主力戦車としてはトップクラスであった。ところが、敵戦車として30トン級の中戦車(アメリカのM4中戦車ソビエトT-34)が登場し、対峙することになると火力不足に悩まされた。また、全ての期間において防御力に不安を抱える場面が多かった。 実際、重装甲の重戦車に対しては、当戦車に設定されていた攻撃力を上回るほどの防御力であったため歯が立たず、中戦車も対峙する戦車によっては、苦戦を強いられることとなった。それでも、本車が不利な状況下での戦闘を行えたのは、連携と指揮と戦術を下支えするさまざまな装備、配置の功績が大きい。

大戦中期には主力戦車の任務を果たせなくなり、改良も限界に達して生産は終了した。30トン級中戦車であるソ連赤軍T-34や合衆国のM4と比較して、開発の期間が数年早かったが、大戦中の戦訓を反映できる余地がなかったことや75mm砲(特に長砲身型)の搭載まで考慮しなかったため、そのアドバンテージも早い段階で覆されてしまい、主力戦車として運用できた期間は短かった。

(2016年10月09日 (日) 19:00 UTCの版)『ウィキペディア日本語版』 URL: http://ja.wikipedia.org

f:id:maskblog:20161018003716j:plain

ヴィンターケッテ(冬季仕様履帯)が無性に作りたくなってしまい、2015年静岡ホビーショー展示用に作成しました。

f:id:maskblog:20161018003728j:plain

ヴィンターケッテなので冬ジオラマ、さらに橋と川もつけました。

f:id:maskblog:20161018003735j:plain


ヴィンターケッテ履帯はフリウルの金属ものを使っています。

f:id:maskblog:20161018003747j:plain


雪は雪職人とタミヤの情景塗料 雪 を使いました。

f:id:maskblog:20161018003756j:plain


III号戦車の後ろには雑多に荷物を置いた感じにしてみました。

詳細は

完成品ギャラリー

へどうぞ。 

1/144 U-BOOT XXI型 (ドイツレベル)

ドイツレベルの1/144 U-BOOT XXI型が完成しました。

すみません、展示会前だったので製作写真を撮りそこねました。

基本ほとんどキットそのままですが転落防止柵は自作しました。

また張線なども実施しています。

 

123456789

ガルパンのマウスを作ろう パンツァー.4

本業が忙しくて放置プレイ状態でしたがマウス製作日記、再開したいと思います。

IMG_0310

履帯はキットのものを使おうとしたのですがどうしても重厚感が出なかったので結局Spade Ace Modelの金属キャタを購入してしまいました。
国内では入手できるショップが見当たらす香港のHobby easy.com(http://www.hobbyeasy.com/)で購入しました。
最初香港ドル表示なので戸惑いましたが左の為替(Currency)切り替えで日本円も計算してくれます。
3700円+送料1500円なので若干割高ですが一週間くらいで到着。
IMG_0311


中身はいたってシンプル。
キャタ、針金。以上。
取説?いるの?ゆとり?と言わんばかり。
IMG_0312


中身はこんな感じでした。
初めて使うメーカーでしたがかなりまともです。
バリもほとんど無いしディテールもしっかりしています。
あとはひたすら組むだけです。

注)組み立て中の写真がSDカードデータエラーで消えてしまいました。
次の投稿でいきなり完成写真になりますが許してください。

9/15,16は日本橋Volksで展示会をします

毎年恒例のイベント DMA+WC合同展示会2013
今年も開催します。
日時:
2013/09/15(土) 12:30~18:00   
2013/09/16(日) 11:00~18:00
場所:ボークスホビースクウェア大阪 8Fイベントスペース

ろっきぃも最近作ったフィギュア等を携えて参加します。(一応開催サークルの会長なので・・・。)
水物ジオラマ多数なので例年になく重くなりそうです(*゚∀゚)=3

会場広いのでいつも持て余し気味。
作品あるよーという方は飛び入り参加大歓迎です。(何卒)


追伸:俺、この展示会が終わったらデジタル原型やるんだ!