読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こまつ模型

趣味で模型を製作しているこまつのブログです。フィギュア、プラモ製作日記などを掲載しています。

グリズリーパンダさんの犬かきハルトマンを作る ファイナル

IMG_0094
さて、台座を作成します。
今回で最後です。
水着⇒海!!
ということで台座は海を表現したいと思います。
IMG_0079
海というわけでデブコンを使おうと思いますがその枠としてお菓子に使うセルクルを使ってみました。
金属製で接合線あり、なしがあります。台座の枠としてつかうのであれば接合線なしを選びましょう。
【お菓子作りアイテム】丸セルクル 150×50mm

【お菓子作りアイテム】丸セルクル 150×50mm
価格:750円(税込、送料別)

IMG_0080
デブコンETは金属にも接着してしまうので家にあった離型剤をスプレーしておきます。

IMG_0081
下も強度がいるかなと思い放置してあったアルミ板をベースにしました。
IMG_0082
周囲に油粘土を盛り付けて目止めしておきます。
IMG_0083
さて、ジオラマを作成していきましょう。
砂は東急ハンズで購入したオーストラリアの砂です。
リアルにするなら地中海?の砂なのかもしれませんが無かったので砂の色味で決めました。
IMG_0085
全体に砂をまいて完成したフィギュアを乗せて位置調整。デブコンETで固定したら二度と位置変更は効かないので
慎重に。
IMG_0087
レイアウトが決まったらボンドに水を含ませたボンド水を流し込んで砂を固定します。
そのとき中性洗剤を混ぜておくと表面張力が抑えられて砂を崩さずにボンド水をしみこませることが出来ます。
IMG_0088
ボンド水の乾燥のために外においておきました。
このときは外気温39℃くらいの真夏日でしたのであっという間に乾燥しました。
IMG_0090
さて、乾燥したところでフィギュアを設置します。
IMG_0091
上からデブコンETを流し込みます。
デブコンET高透明300gセット

デブコンET高透明300gセット
価格:3,675円(税込、送料別)

さらに海岸なのでミニヒトデと巻き貝も置いてみました。
【小さな貝殻パーツ】ミニヒトデ

【小さな貝殻パーツ】ミニヒトデ
価格:200円(税込、送料別)


IMG_0092
波打ち際の表現は白い砂を爪楊枝でちょいちょい。
海面の波を作成するときの写真を撮り忘れましたが硬化前にエアブラシで空気を送り込み
波を表現してみました。硬化直前というのが難しく、吹いては元に戻り吹いては元に戻りを30分おきに10回くらい繰り返したでしょうか。
今後やる際にはもう少し効率化できるようにしないと・・・。

IMG_0093
体の濡れ表現は水着キットには重要な表現(ろっきぃ的にはほぼ必須)です。
今回は東急ハンズで購入したガラスビーズで水滴を、クリアタルゲルで流れたあとを表現しました。

IMG_0094
完成品はこんな感じ。
下は黒のアクリル丸台座を接着しました。
これにて完成です。
2013/09/01 15:00くらい(私が回収に行くまで) 大阪日本橋の猫鯖さんで展示して頂いています。
WILD CHICKENの9月Volks恒例展示会でも出品予定にしています。